2021初春ステークス
馬群図を見ると特に位置取りに有利不利はなさそう。

2着コカボムクイーンは後方からの競馬。
スタートで他の馬と接触して位置が悪くなったことを考えると好内容。
1戦ごとによくなっており今回も楽しみ。

8着ツウカイウイングは後方からの競馬。
コカボムクイーンと比較すると強調材料はない。

9着サンマルベストは中団からの競馬。
スタートで接触するなどちぐはぐな競馬になった。

14着キタノオドリコは後方から見せ場を作れなかった。

16着グラナリーは後方からの競馬。
スタートで挟まれて本来の競馬ができず参考外。
ただ1200でも長いように思う。

結論
コカボムクイーンは「買い」
サンマルベスト、グラナリーは「抑え」
ツウカイウイング、キタノオドリコは「切り」